挨拶

決意と行動

当社の表面処理技術と環境対応技術で社会に貢献いたします。

弊社は創業100年を迎え、これまで蓄積してきた技術を踏まえて、21世紀を担う幅広い分野に挑戦しています。今、時代はグローバルに展開し、インターネットを通じて双方向で情報が飛び交うユビキタス時代を迎えています。その結果、成熟した社会となり、モノの価値や生活環境が大きく変化し、人の生き方や考え方がより心の豊かさと、かけがえのない地球環境保全への取組へと進み、資源循環型社会への構築を求められるようになっています。

めっき技術は、従来からの表面処理技術以外にも、コンピュータや携帯電話、自動車の電子機器など、エレクトロニクス分野には不可欠な技術となり、それらの機器の発展のキーテクノロジーとなっています。めっきはひとつの電子を与えればひとつの原子を析出する事から、原子または分子を人工的に積み上げて、種々の新機能材料やびさい構造体を形成できる技術であり「ナノ・テクノロジー」への対応に欠かすことのできない重要な技術でもあります。

昨今の日本のものづくりの転換期と様々な時代の変化に対応するため、弊社は技術革新とともにスクラップ&ビルドをスローガンの一つに掲げ、従来の事業の集約と再編を行いながら、次世代自動車の電動化や低燃費化に向けた部品の表面処理など新規事業に取り組んでいます。また、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)等への新素材めっき対応。めっき技術を基盤とした新たなモノづくりとして、MEMS・精密電鋳技術を用いた医療・ヘルスケア分野といった将来の成長分野の研究開発にも挑戦しております。

弊社の固有技術である表面処理技術と環境対応技術で、エレクトロニクス製品、自動車関連機器、産業機器の中心的な役割を担うよう、今後とも努力を続けてまいります。常に「挑戦」し続ける私達へ、どうぞ宜しくご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。